吉永小百合さんのCM「JR東日本 大人の休日クラブ」が流れてる     秋田県 ますだ町 です。

昭和初期建築 本物の蔵に泊まれます 1組限定

飲み物・食べ物 持ち込みOK(無料)ゴミは宝蔵庵で処理します

最寄駅(十文字駅)までの送迎もお任せください(申し込み)

真人(まと)公園観桜会

12月23日                                                                                                     自宅から望む焼石連山   昨年の同じ日 月山神社入口の雪景色

11月29日 初雪

お泊りは本物の蔵・・・85年超の座敷蔵!!

    食事は・・・110年超の米蔵で!!

 

                       ☆星空のきれいな増田町

うち蔵の町 横手市増田町 (ホタル町とも言われてます)

栗駒山付近

9月25日(金)夕方AAB(秋田朝日放送テレビ)で放映されました

9月26日(土)午後2時過ぎからABS(秋田放送テレビ)で放映されました

庭のスグリの実

収獲まじかの 蕎麦のみ

真人公園

宿泊処 ほうぞうあんの玄関

手づくり感 いっぱいの行燈

かふぇ宝蔵庵 入口

          民宿 宝蔵庵の玄関
          民宿 宝蔵庵の玄関

 

蔵の宿 宝蔵庵は、内蔵(うちぐら)の町 横手市増田町の公開蔵の通りにあります。

 

雪国横手市増田町の内蔵(うちぐら)は、鞘(さや)で蔵をすっぽり囲われているのが特徴です。

 

町の内蔵通りを歩いても、全くと言っていいほど土蔵が見えません。

 

しかし中に入って奥に行くと、表向きからは想像できないような内蔵が顔を出してきます。

それが増田の内蔵の特徴です。

 

そんな中、宝蔵庵は土蔵の形が見えます。

鞘が一部しか付かない外蔵だからです。

 

かつての大地主「針金金兵衛家」管理人の寝室として造られた、80年超の座敷蔵を蔵の宿としてお客様にご利用いただいております。 

(笹原家では座敷付きの蔵を内蔵と呼んでいます) 

   当初より主屋の一部として使われているからです

 

笹原家も「蔵の会」一員で、蔵2棟を一般公開(無料)しております。

 

朝夕のお食事は、100年超の別棟旧米蔵になります。

別棟旧米蔵は日中「かふぇ宝蔵庵」を営業。おいしいコーヒーやハーブティーと手づくりケーキなどが味わえます。(すべてが手づくりです)

 

秋田県ますだ訛りの家族での営業ですので、お聞き苦しい場合はご容赦願います。

 

秋田県など、お近くにお出での節は、是非お立ち寄りください。

 

かふぇ宝蔵庵の入り口です。

100年超の旧米蔵
100年超の旧米蔵

入り口左側にけやきの看板が見えます。

 

宝蔵庵の看板材料は近くの腕のいい大工(右官)さんから いただき、文字は、これまた腕利きの左官屋さんが、一冬かけて黒漆喰を塗って作っていただいた力作です。

 

伝統保存の職人さんに感謝、感謝・・・です。

 

                                                              

お部屋

http://jp.fotolia.com/id/19455054 ©Angel Vasilev
http://jp.fotolia.com/id/19455054 ©Angel Vasilev

 

お宿の1階内部です。

                          

 

欅のくぐり戸がついており、昔なつかしさいっぱいです。

 

2階への引き戸が興味を引きつけます。

 

すべて冷暖房設備完備です。

静かさが魅力の蔵です。

 

自分(達)だけのゆっくりした時間が過ぎていきます。ぜひ一度お泊り下さい。

 

                お部屋紹介のページへ

かふぇ宝蔵庵の内部です。

ある先生の傑作版画(増田町マタロクカメラ店隣の下タ堰風景)も飾ってあります。

 

ここは、お泊りいただくお客様の食事処になります。

庵主の同級生の奥様で、近所の腕利き母さん手作りの小物なども販売しています。

 

落ち着いた空間で、静かにおいしいお食事やコーヒーなどが召し上がれます。

 

お食事

http://jp.fotolia.com/id/1709931 ©Nolte Lourens
http://jp.fotolia.com/id/1709931 ©Nolte Lourens

 

当庵のある夜の夕食です。

 

             お食事紹介のページへ

増田かいわいの四季

 祝 平成25年12月27日

      国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました

 

お知らせ と ご案内

蔵の宿 笹原家 宝蔵庵 (要予約)

 

 平成24年7月オープン。

 

 蔵1棟貸し切りの宿泊施設です。

 

 また、1組限定のお泊りになります。

 

 玄米を7分つき、自家製味噌、地元とれたて山菜や新鮮野菜など・・・・

               とっても ヘルシーメニュー。 

 

 元々寝室として建てられた蔵ですから、静かで落ち着いた一夜が楽しめます。

 シャワートイレ、洗面化粧台、バスルームは新設で、とてもきれいです。

 

 予約のみでの営業です。お早めにお申込みください。

 お宿の予約は かふぇ宝蔵庵の定休日に関係なく受付ます。

 

 

かふぇ宝蔵庵

 

 営業時間:9時00分~18時00分 (グループ予約は時間外OK)

 

 コーヒー、ハーブティー、増田特産りんごジュース、ぶどうのしずく

 

 宝蔵庵の母さん手作り「日替わりケーキ」などが美味しくいただけます。

 また、地酒まんさくの花もご用意しております。 

 

  宝蔵庵ホットコーヒー 348円        宝蔵庵アイスコーヒー 378円

  ブレンドハーブティー 432円 

  日替わりケーキ(ホットコーヒー)セット 540円 など

      同上   (ハーブティー)セット 648円  〃

  季節によって、おしるこやぜんざいもご用意しおります。

 

 予約でのランチ(郷土料理)を始めております。

  お一人様 1,080円 (コーヒー付き)

         上記の価格に消費税がかかります

 

 かふぇ宝蔵庵の定休日:毎月 1、2、11、12、21、22(1と2の付く日)

  そのほか、事情により不定休がありますので、

  事前に電話・ファックス・メール等でお問い合わせください。

  

笹原家 宝蔵庵の歴史   (ささはらけ ほうぞうあん)

平成23年8月針金金兵衛家の内蔵取り壊し
平成23年8月針金金兵衛家の内蔵取り壊し

 

真向かいに住まれていた大地主「針金金兵衛家」のお屋敷でした。

真向かいには大きな土地と、3階建ての高見のお座敷と蔵各種5棟があったそうです。

 

中に米蔵があったそうですが、足りなくてこの土地に、明治の終わりに米蔵を新築したそうです。(かふぇ宝蔵庵として利用)

 

針金家の方々は上京していることが多く、留守がちのため、見守る管理人の主屋(現 笹原家主屋の場所)を建てて住まわせていたそうです。

 

管理人の家族が増え、家が小さい旨申し出たそうです。

それなら寝室をと、新しく座敷蔵を建ててくれたようです。(蔵の宿 笹原家宝蔵庵として利用)

 

昭和のはじめの建築ですので、85年を超えております。

旧主屋と座敷蔵は、渡り廊下で繋がれていました。

 

平成2年に笹原家が越してきたとき、真向かいの針金家跡地には、内蔵1棟とそれを囲っていた主屋があり、かなり大きな建物でした。

平成23年の夏にすべてが取り壊され、内蔵も残念ながら無くなりました。

 

笹原家は、ふとんやを生業としており、平成10年春に旧米蔵を改装、念願のふとん店を開店しました。

また、平成10年秋に自宅主屋を取り壊し、現在の家を新築。

それまで寝室として使用の座敷蔵は、以来使わなくなり空き部屋の状態でした。

 

平成13年頃から増田の蔵が見直され、話題になりました。

 

平成17年に増田町文化財協会が「写真集 増田の蔵」を発刊、翌18年に「蔵の会」結成し、第1回「蔵の日」を開催。これが大盛況でした。

以来、毎年「蔵の日」をいろいろな機関の方々に協力していただきながら、頑張って続けています。平成27年10月で9回を数えました。

10年をひと区切りとして、平成28年から新たに増田町活性化ステーションが「蔵史めぐり」と内容と名前を変え、蔵の日に代わる一大イベントを開催しております。

平成29年は8月27日に開催されました。

増田中学校、高校生を交えて未来のまちづくりを行っております。

その後「蔵の日」は、中学校高校からの要望もあり11回目を行いましたが、平成30年から行わなくなっております。

 

蔵観光客の増加に期待して、お休み処「かふぇ宝蔵庵」を平成22年7月に開店。

蔵の観光客さんの要望に応えようと、平成24年7月に「蔵の宿 宝蔵庵」を開業しました。

 

伝統的建造物群指定に向けて、頑張っておられる関係各位に感謝を申し上げるとともに、それに私達も応えるべく、一生懸命夫婦で力を合わせて、家族とともに頑張っていく覚悟です。

 

秋田県横手市増田町は豪雪地帯です。

 

雪に負けない根性があれば、こんなに良い処はありません。

 

春から秋は大変穏やかで、気候のいいところです。

 

山にも雪がたくさん降るおかげで、水が豊富、水害はなく、作物の実りが素晴らしいところです。

この地方に住んでいる方たちは、たいへん気質も穏やかで、優しさがいっぱいです。

 

大きな盆地でしかも水上(みなかみ)で扇頂地に位置しております。

穏やかな気質は、きっと気候風土が醸し出すせいかとも思われます。

 

私は、そんな増田が大好きです

 

こんな増田に是非お立ち寄りください。心からお待ち申し上げます。

 

宝蔵庵の名前の由来は、明治の初めまで、この地にあった「浄土宗 宝蔵庵(宗祖 法然上人 知恩院)」庵寺の名前を利用させていただきました。

内蔵のまち増田にぴったりと思い、名づけました。

 

    いい名前だと喜んでます!!

 

 

 

 

 

星空のきれいな増田町

 

近くにこんないいところあります

かふぇ宝蔵庵のお休み

(1と2の付く日

  

10月のお休み予定

1,2,11,12,21,22日

 

蔵の宿 宝蔵庵はかふぇのお休みに関係なく予約ができます

       祝 平成25年12月

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定  全国で105番目

 

秋田県では角館に次いで2番目 

 

 

 

 

26年10月3日

  皇太子さま御来町

 

 

庵主手作りの行燈です

住所:〒019-0701

秋田県横手市増田町

増田字上町70

庵主:笹原 博征

 (ささはら ひろゆき)

電話:0182-45-3377

FAX:0182-45-3123

携帯:090-2366-2991

メールアドレス

  メールはこちらへ

masuda@hozoan.name

ホームページ

   http://www.houzouan.jp

 

 

 

 

ご案内

増田町「蔵の駅」           観光案内所

増田町観光協会 ホームページ

増田町「ほたる」    新観光案内所

かふぇ 宝蔵庵

庵主のプロフィール

1949年生 性別 男

身の丈 そこそこ

めかた ちょうどええあんびゃ

つらいろつらつきは普通

 (と自分では思ってる)

その他は徐々に公開

でも、としょってきた

靴の大きさ26㎝

(実際の足はもっと小さい)

実子 娘2息子1計3人

孫 5人